カーテン

スポンサードリンク

一人暮らしの楽しみといえば
なんと言ってもインテリアを自分好みにできることですよね。

値段が高く、大きさに制限のある家具とはちがい
誰でも気楽に部屋のコーディネートを楽しめるのがファブリック類
特に、部屋の中でも一番目に付くカーテンは
インテリアとしても重要な地位を占めています。


カーテンには色々なサイズがあるということを知っていますか?

幅はサイズを正確に計っていなくても
体の大きさや畳の大きさを基準に考えれば大体わかりますし
幅が余る分には使用に差支えがあるわけではありません。

ですが、窓の高さは感覚で正確に把握し辛く
カーテンの長さも5センチや10センチ刻みですし
長いと引きずり、短いと下に隙間が開いてしまいます。^^;


カーテンの役割はインテリアであるだけではなく
光や外部からの視線をシャットアウトする役割もあります
隙間が開いてしまうようでは、その役割を果たすことが出来ません。

カーテンを買う前に、必ず窓の大きさを計っておきましょう。
窓にカーテンレールが無い場合、カーテンレールを買う必要もあるので
レールがついているかどうかも確認してくださいね。

また、ピンク色や花柄の女性っぽいカーテンは
一人暮らしの場合避けたほうが無難。
「ここは女性が住んでいますよ」とアピールするようなものです。


カーテンの交換は誰でも簡単に出来ますし
安く買い揃えることが出来、気軽にインテリアに変化をつけられます。

季節に合わせてカーテンを換えれば
変化の乏しい一人暮らしに、ちょっと華が添えられそうです。

夏はアジアンテイストな木製スクリーンにしても
涼しげで気持ちが良いかもしれませんね。^^

[PR]安い美顔器