掃除機にはいくつかの種類があります

スポンサードリンク

病気を防ぐためにも快適に暮らすためにも
生活空間の掃除って大切ですよね。

とはいえ、一人暮らしだと毎日掃除をするのは大変ですよね。^^;
できてもせいぜい掃除機をかけるくらい…
それも、なるべくなら時間をかけず、手早くやりたいものです。

掃除機には型や吸い込み方式でいくつかの種類があります。


キャニスター型

本体と吸い込み口がホースで繋がったタイプ。
置き場所がかさばり、狭いところでは使い辛いのですが
高い所やベッドの下なども掃除できるメリットがあります。

スティック型

立てて置ける省スペースでスタイリッシュなタイプ。
充電式は掃除中に電池が切れたりするので不便な面も。
狭いところやベッドの下は使えないことが多いのも難点。

吸引力はキャニスター型より劣る事が多いものの
気軽に使えるので一人暮らしには最適。


紙パック式

パックの交換の手間と、一杯になると吸引力が落ちるのが難点。
ただし、紙パックを取り外してそのまま捨ててしまうだけなので
触りたくないもの(虫とか)を吸い込んでも大丈夫。

サイクロン式

こまめなフィルター掃除、掃除機のメンテナンスが必要。
フィルター掃除の時に吸い込んだ埃や花粉が舞うのも難点。
メンテナンスさえしていれば吸引力が落ちにくく
紙パックが必要ないので経済的です。


吸引力の強さは床がフローリングならそれほど強くなくてもOKですが
じゅうたんや畳の場合は、吸引力が強いものが良いです。

部屋の広さ、かかる手間、かける場所を考えて
生活に合った掃除機を選んでくださいね。^^

[PR]安い美顔器