なるべく被害を最少に留められるように

スポンサードリンク

ある秋の事、私の部屋のインターホンが鳴らされました。

私は宅急便の予定がない時は居留守を使うのが常なのですが
その時は布団も干していたし掃除機もかけていたので
家にいるのはバレバレ…居留守が使えなかったので対応しました。

男の声で「下に引っ越してきた」というのでドアを開けました。
これと言ってガラの悪そうな感じではなかったのですが
簡単な挨拶の後、布団の仕事がどうのこうのと話し始めたんです。^^;

さすがに引越しの話しは嘘で訪問販売じゃないかと思った私は
断ってドアを閉めようとした時、男がドアを引っ張ったんです。

幸い、私は10センチくらいしかあけていなかったので
体重をかけて引っ張り返すことでドアを無事に閉められました。

男はドアノブをガチャガチャ鳴らし、郵便受けに手を入れ
ドアをドンドン叩き、インターホンを連打……。


無視を続けていると男は諦めてどこかに行ってしまいましたが
その日の晩、宅急便業者を名乗る男が来ました。


「荷物が届いている」というので「覚えがない、どこからか」と聞くと
有名な通販会社の名前を答えましたが、私は取引した事はありません。
「うちではない、隣ではないか」と言うと「預かってくれ」と。^^;

ここで、もしかすると昼間の男ではないかと思い当たった私は
「預かれない。そもそも業者なら不在通知を入れるだろ」と断ると
「いいから預かれ」「ドア開けろ」「頭オカシイだろ」などなど。

また郵便受けをガチャガチャ、ドアをドンドン、インターホン連打…。
怖くなって通報しましたが、警察が来る前に男はいなくなりました。


それからしばらく、小さな物音にもビクビクする日が続きました。
普通に暮らしていても、トラブルはある日突然やってきます。
なるべく被害を最少に留められるようにしたいものですね。

[PR]安い美顔器